ホーム  >  品種一覧 > うぐいすキュウリ

商品紹介

ときわ四葉・ じゅん

小袋品種

  きゅうり専門育種メーカー本気の短形四葉きゅうり!主枝の雌花率 90%!
  側枝2節目までの雌花連続率 90%以上!


適作型

【作型】普通~抑制露地栽培

【播種期】4月~8月上旬まき

果実
ウドンコ病耐病性、褐斑病にも強く、後半まで草勢維持しやすい。
主枝雌花率は、4月~5月播きで80~90%前後、6月~7月播きで60~70%。
側枝での2節連続着果率は80~95%程度と着果が多めの品種である。各節1、2果成りである。
歯切れの良さやみずみずしさが抜群!夏秋露地栽培用で果実は21~22㎝。果色濃く光沢があり品質にも優れる。
家庭菜園はもちろん直売所販売にもぴったり、生食でも加工してもOK。
草勢は強めで、側枝発生は良く、節間長はやや短い。
果実肥大が早く、初期より収量性が高い品種です。

 

ポップデータはこちら→ 

 

 

栽培のポイント

  • 枝整理は順次伸びた枝から止めていく。勢いの良い枝を常に3本程度残すようにすると最後まで草勢が保ち易い。

    孫枝以降から半放任とする。