ホーム  >  品種一覧 > うぐいすキュウリ

商品紹介

うぐいすキュウリ

小袋品種

適作型

【作型】雨よけ・ハウス抑制・露地栽培用

【播種期】3月~8月中旬まき(関東標準)

【品種登録番号】第20683号

pvp

うぐいすキュウリ
雌花着生
節成り性が高く、主枝雌花着果率は3月まきで60~70%、5月まきで60~70%、7月まきで30~40%。低温期の側枝は節成りで各節とも2~1果成りである。
耐病性
病害に強く、珍しいうぐいす色のキュウリで食味が良く産直などで他のきゅうりと差別化が図れる

栽培のポイント

  • 着果数が多く初期から収量が多いため早め早めの追肥が必要。また秀品率を高める為にも早めの摘果と混み過ぎないよう摘葉を行うことが重要となる。側枝の発生は旺盛なので適宜止めていく。

暑い夏には、冷やし中華!夏バテ防止にキュウリが定番!

普通のキュウリにくらべ「うぐいすキュウリ」は見た目にも清涼感があって美味しい。是非お試しください!
漬物に

うぐいすキュウリの浅漬けはもちろん、ぬか漬けは更においしい!
その他オイキムチや漬物の盛り合わせにも是非どうぞ!

サラダに

単品でも食欲をそそる若草色。

普通のキュウリや他の野菜と合わせれば更に彩り鮮やかなサラダが完成。

やまいもとうぐいすキュウリの短冊切り。酒のおつまみに最適!

ハムとマヨネーズであえるとこれがまたうまい!

お好みのドレッシングでも是非お試しください。