ホーム  >  品種一覧 > 光の季(とき)

商品紹介

光の季(とき)

夏秋栽培品種

  • 耐病性品種
  • おすすめ品種

A品本数多い、ほとんど箱詰出荷!

適作型

【作型】普通~抑制露地栽培

【播種期】4月上旬~8月中旬まき

艶香
雌花着生
当社育苗による主枝雌花率は、3月~4月播種で主枝40~50%、5月~6月播種で30~40%、7月~8月播種で20~30%。主枝・側枝共に1果成りが中心である。側枝は盛夏期で飛成りとなる。
果実
果長21cm程度となり、果色・光沢よい。高温下でも果実が短くなりにくい。果揃い良くボリュームのある果実となる。
草姿
葉は肉厚で葉柄が立つ。茎太く、側枝の節間は中位で、しっかりとした草姿となる。側枝の発生が良く、孫枝以降の発生もスムーズである。
収量性
果形が安定しやすく、収穫果は下物が少なく、ほとんどが箱詰めになり、出荷作業効率が良い。
耐病性
ウイルス病(ZYMV) ・ウドンコ病等に強く、褐斑病、ベト病の発生も少なく、夏期の劣悪条件下でも草勢が安定している。果実肥大がスムーズで、枝の発生よく草勢がバテにくい。果形の乱れが少なく、草勢の維持が容易である。

栽培のポイント

  • ※台木は「ぞっこん」「ときわGT-Ⅱ」「ときわパワーZ2」が適する。