ホーム  >  品種一覧 > 金星114

商品紹介

金星114

夏秋栽培品種

  • 耐病性品種

ウドンコ病に強く、葉焼け・芯焼けしにくく、作り易い省力型品種

適作型

【作型】雨よけ・トンネル・前進~抑制露地栽培

【播種期】3月中旬~8月上旬まき

金星114
雌花着生
主枝雌花率は、3~4月まきで60%前後、5~6月まきで40~50%程度。主枝・側枝とも1果成り中心である。
果実
果長21㎝位で、円筒形の濃緑色の果実で果揃いよく、生育を通じて果長の変化少ない。
草勢
葉は肉厚で小さく濃緑色、側枝節間は間伸びすることなく、スッキリした草姿で採光性非常に良いため、過繁茂による蒸れ込み等の心配は少ない。

栽培のポイント

  • 第1果目の着生位置は、下段の着果は地上30㎝・8節程度とする。
  • 追肥は1果目の肥大を見ながらおこない、以降果実肥大に合わせて肥料切れ・水切れのないよう積極的に灌水・追肥をおこなう。
  • 子枝は2節止めを基本とするが、草勢の悪い場合は1節止めの枝をふやす。また主枝の摘芯時に必ず力のある生長点を1~2本程度確保する。
  • 摘葉は、草勢を見ながら採光・通風を妨げている葉を積極的におこなう。