ホーム  >  品種一覧 > 大望Ⅰ

商品紹介

大望 Ⅰ(たいぼう)

夏秋栽培品種

  • 耐病性品種
  • おすすめ品種

強い耐病性・耐暑性品種で収量性抜群

夏期の劣悪条件下でもしおれにくく、過着果しないため、草勢の維持がしやすく、果形の乱れも少ない。

適作型

【作型】普通~抑制露地栽培

【播種期】4月下旬~8月中旬まき

大望 Ⅰ
雌花着生
主枝雌花率は5月~6月播種で40~50%、7月~8月播種で20~30%。主枝・側枝共に1果成りが中心で、連続着果性は比較的高めとなる。
果実
果長21cm位で、果色・光沢よく、果揃い抜群で果形の乱れが少ない。
草姿
葉は肉厚で濃緑色、葉柄はたれにくい。茎太く、側枝の節間は中位で、しっかりとした草姿となり採光性に優れる。
収量性
夏の高温・乾燥下でも、しおれにくく、草勢が安定している。最後までしっかりとした草姿を維持できるため、安定した収量が確保できる。
耐病性
ウドンコ病・ウィルス病(ZYMV)に強く、ベト病の発生も少ない。